• 地鶏食堂 画像1
  • 地鶏食堂 画像2

脂の乗り切った鶏を溶岩プレートで焼いていますので
どうしても脂が飛び散り、肘を汚しかねません。
「テーブルで頬づえを付いて見つめ合うのだけは、止めた方が無難です!」
地鶏食堂は国道263号線、福岡・佐賀県境にある「掘っ立て小屋」が目印です。
好きで「掘っ立て」にした訳ではありません。
旨い鶏を食べさせようと考えると、どうしても450日を超えた脂の乗り切った鶏で無いと
本来の「鶏の旨さ」は出ません。洒落た建物では、飛び散る「脂」に絶えられないのです。
脂は壁や天井の杉の板に吸い取ってもらう方式を採用している近所迷惑な店なのです。
味は保証しますが「服の汚れ」は保証しかねます。

ご来店の節は、作業着程度の軽装でお出で下さいませ!
一度鶏の概念を変える「地鶏食堂ワールド」を味わって下さい。

ロゴ画像

お知らせ

一覧へ

フランチャイズ

鶏肉の販売

地鶏食堂周辺で遊ぶ・楽しむ!!

地鶏食堂 周辺ぶらり

地鶏食堂からの遊び場

三瀬トンネル付近道路状況

リンク

TOPへ

HOMEへ