地鶏食堂の焼き方

溶岩プレート焼きの特徴

jidori-top

肉や野菜を焼いて食べるには、炭火焼き・ロースタ焼き・鉄板焼き・すき焼き等、様々な料理方があります。

当店では「溶岩プレート」焼を採用しております。

この料理法の特徴は「溶岩プレート」の持つ遠赤外線効果で焦げずに「フックラ」と焼き上がるのです。
更に「溶岩プレート」には肉から滴り落ちた、鶏や牛の脂が残り、この脂が様々な野菜に絡まります。
この「野菜が美味しく焼ける」のが、他の調理法では味わえない最大の特徴だと思います。

P1020643

鶏が焼け始めたら野菜をのせて下さい。

鶏の脂を野菜に絡める様に焼くと、どんな焼き方よりも野菜が美味しく味わえます。

あらかた火が通り始めたら火を弱めるか火を消して下さい。

余熱でも十分焼き上がり、上手に焼くと煙もあまり出ません。

ただ、出来得る限り脂の乗った450日令以上の鶏肉を選んでいますので、飛び散る脂で着衣を汚しかねません。

作業着程度の軽装でラフにお楽しみ下さい。

また、歯に自身の無いお客様はハサミを用意しておりますので、小さく切ってお召し上がり下さい。
お子様でも、食べやすくなります。

また、柔らかな肉質の「若鳥」も準備致しております。

P1180743pro_A

burn-pic1

P1020643

 

TOPへ

HOMEへ