飯場めし

飯場(はんば)とは、昔鉱山労働者や大規模な土木工事や建築現場での作業員用の給食および宿泊施設の事です。

1日の重労働を終え空かした腹に満腹感を与え、飯場の粗っぽい雰囲気をイメージしたメニューと店作りを考えて居ります。

 

採算を度外視した食材を使用出来る様に、人件費と内装費を抑え無ければ運営は成り立ちません。

その為完全セルフ・サービス止むを得ません。

 

過疎化して行く田舎には、駐車場が広く家賃は安い貸店舗が沢山有ります。

街と街、街と観光地を結ぶ広々とした田園地帯に出店し、一人で運営出来る飲食店舗形態を考えて居ります。

 

実験店舗

場所 : 佐賀県神埼市神埼町城原1859-1、城山コーポ

店舗面積  : 18坪(事務所後)

家賃 :  66,000円

電話番号 : 0952-37-7600

オープン予定 :  2021年12月頃

店舗責任者 一人支配人 : 石橋

現況 2021/10/1日

 

 

 

 

 

部屋の中は、ご覧の通り綺麗な事務所にしようされていた店舗です。

べニア板を貼り合わせFRPで防水、セメントで勾配を付け更にFRPで防水し厨房の床を作りました。

 

 

事務所として使用されていた店舗は綺麗な部屋でしたが、玄関に入る階段が急で狭く、入りやすいように先ずは入り口の階段から作って行きます(店舗作りには余分な仕事でした!)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ

HOMEへ