飯場めし

飯場(はんば)とは、昔鉱山労働者や大規模な土木工事や建築現場での作業員用の給食および宿泊施設です。

 

当店の意図する「飯場めし」は、お客様の力をお借りして自分で出来る事は、自分でやって頂く・・・・簡単に言えば完全セルフ・サービスのお店です。

 

 

日本の現状は「少子高齢化」「地方都市や、田舎の過疎化」、そして「労働力」不足。

 

過疎化して行く「田舎」を逆手にとって、街と街、街と観光地を結ぶ広々とした田園地帯に出店。

無駄な労力を使わず自力で生きて行くことの提案です。

 

このページでは、「飯場めし」を立ち上げて行く過程からご紹介したいと思います。

 

場所 : 佐賀県神埼市神埼町城原1859-1、城山コーポ

店舗面積  : 18坪(事務所後)

家賃 :  66,000円

 

電話番号 : 0952-37-7600(未だ通じません)

オープン予定 :  2021年12月頃

店舗総責任者 : 石橋

 

現況 2021/10/1日

 

   

 

 

 

 

 

 

部屋の中は、ご覧の通り綺麗な事務所にしようされていた店舗です。

 

2021/10/3日

 

事務所として使用されていた店舗は綺麗な部屋でしたが、玄関に入る階段が急で狭く、入りやすいように先ずは入り口の階段から作って行きます。

店舗作りには余分な仕事でした!

 

 

10/7日

事務所として使われていた店舗に、どのようにして厨房を作るか悩ましい問題です。

そこで考え着いたのが、事務所のフロアーにFRP溶液で船を作り、その中に厨房を作る事にしました。

ガラスウールは使いにくく、べニア板に布を張りその上からFRP溶液を塗って行きます。

 

     

 

船の中にセメントを流し、傾斜を付けて厨房内の排水口を付けます!  10/21

TOPへ

HOMEへ